美容液パックに含まれる成分とは?

    肌の調子がイマイチな時、紫外線などのダメージを受けた日や、
    特別な日の前日のケアとして、美容液パックを利用している方も
    多いでしょう。

    そんな美容液パックには、どんな美容成分が入っているのでしょうか?

    普段の化粧品とは違う成分が入っているのでしょうか?

    ■保湿成分

    美容液パックに必ずと言っていいほど入っているのが保湿成分です。

    美容液パックを、保湿目的で利用される方も多いと思います。

    肌が乾燥して潤いが足りないと、シワや毛穴の開きなど、
    様々な肌トラブルを引き起こしてしまいます。

    保湿成分で代表的なのが、ヒアルロン酸とコラーゲンです。

    そして、ヒアルロン酸にも色んな種類があり、分子を小さくして
    肌への浸透率を高めたもの等が使用されているアイテムもあります。

    コラーゲンは、肌のハリに欠かせない成分ですが、
    年齢を重ねると減少していくので、美容液パックなどで
    補いたいものです。

    美容液パックの成分をしっかり浸透させたいからと、乾くまで顔に
    乗せておくと、逆に肌の水分が蒸発するので、目安時間を
    守りましょう。

    ■美白成分

    美白成分が配合された美容液パックもたくさんあります。

    特に、シミ解消などアンチエイジング効果を求められる
    方に人気があります。

    美白成分にも、ビタミンC誘導体やアルブチン、
    プラセンタなど様々な成分があります。

    プラセンタはとても希少な成分なので、高級美容液パック
    に入っていることが多いようです。

    プラセンタには、メラニン生成を抑える働きがあるため、
    美白効果を発揮してくれるんですよ。

    ■進化型の美容液パック

    一昔前までの美容液パックと言うと、薄い紙に美容液が含ませてある
    ものが主流でしたが、現在は進化型のパックが出てきたのをご存知ですか?

    紙のシートではなく、繊維素材のマスクで、肌への密着度が高いんです。
    肌の凹凸に合わせて、肌にぴったりはりつくのに加え、紙と違い、
    柔らかくて、美容液がヒタヒタでぷるんとした感触なんです。

    繊維でできているので、美容液がたっぷりしみ込んで、
    ムラにならないのも魅力です。

    肌への密着度が良いだけに、しっかり効果を実感できると人気です。

    美容液パックを選ぶ際は、美容成分だけではなく、マスクの素材
    にも注目しましょう。

    No Comments Categories: Uncategorized Tags: タグ: ,